重複している内容を見つけよう

複数の保険に加入している場合、それぞれの保険を見直すことによって保証が二重になっていないかどうかも確認することができます。二重になっている場合、その分の保険料金を節約することができるでしょう。例えば、生命保険には医療特約が付帯されているケースが多くありますが、養老保険や共済でも医療保障がついていることが多く、この部分で二重保険になっているケースはよくあることです。保険料金がそれにより高額になってしまい資金が減っていくようでは現在の生活に影響を与えますので、できるだけこうした二重になっている内容を減らせるように見直すとよいでしょう。

同じように学資保険にも医療特約が付いているケースも多く、生命保険の内容とかぶることもあります。子どもは、自治体による支援によって医療助成制度なども充実しているため、健康保険の自己負担額を無料とすることもでき、医療費をほとんど賄うことができるでしょう。そのため、生命保険でそこまで医療に特化した特約を付けなくてもよいかも知れません。このように、生命保険の内容が他の制度でカバーできるかどうかを調べるだけでも節約できる箇所が見えてくるかもしれません。本当に必要な保険内容にできるということが見直しの最大のメリットといえるでしょう。

Published by 管理人